会社案内サイトマップお問い合わせ
日本栄養分析センター(JNAC)
home 年代別に必要な栄養素>幼児・学童期
年代別に必要な栄養素
幼児・学童期

子供の肥満は親の責任
子供はどんな食品をどれくらい食べればよいかを判断できません。もし子供が太ったら、それは養育者の責任といえるでしょう。幼児期は将来の食習慣の基礎を作る大事な時期です。幅広く色々な食品を食べさせましょう。さらに学童期は「食習慣の完成期としての食事」と位置づけられております。この時期に「3食きちんと食べる」、「好き嫌いをなくす」、「薄味に慣れさせる」などの食習慣を身につけさせましょう。

たんぱく質を中心にビタミン・ミネラルをバランスよく
体の基礎を作る大切な時期ですので、栄養バランスが崩れてしまうことのないよう、脂肪の少ない赤身肉や豆類など良質のタンパク質を中心に、乳製品や魚、種実類、野菜・果物など、様々な味や食感のものを食べさせ、食べる楽しさを体感させましょう。
特に気を付けたい栄養素
・必須アミノ酸  ・カルシウム  ・ビタミンA  ・ビタミンC  ・ビタミンB1
・ビタミンB2  
乳幼児 思春期
栄養分析のご案内

お問い合わせ会社案内プライバシーポリシーサイトマップ