header_abouteiyoubunseki.jpg

高精度パーソナル栄養分析システム

JNAC栄養分析とは

病院や保健所の要請にも応える、
高精度なパーソナル栄養分析システム 

JNAC栄養分析は、

●厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

個人に対して、必要なエネルギー(kcal)やたんぱく質(g)などの基準摂取量を示す

食品100g中に含まれている、エネルギーやたんぱく質の量などの栄養成分データを収載

●文部科学省 日本食品標準成分表(八訂)

に準拠して行われています。さらに日本栄養分析センターでは、上記に掲載がない個人差(身長や体重、選手の運動量、糖尿病など)、地方独特の料理や食材・調理法(味付けの違い)なども網羅。調理損失量を加味した分析も可能です。病院や保健所の要請にも応えられる、高精度なパーソナル食事栄養分析です。

aboutbunseki1.jpg
人

身長・体重
運動量などの個人差

鍋のアイコン

調理による
栄養価の変化

日本地図

地方独特の料理

ミールダイアリーについて

食事の問題点がわかる

生活・スポーツ、ダイエット施設など幅広い分野で利用されています。

データを生かし生活習慣病予防のための食事や、アスリートの身体づくり・怪我の防止・故障からの早期回復のためなどの栄養管理ノウハウ。またダイエットでは その人が太る原因の解明や摂食障害改善メソッドなどの開発、JNAC日本栄養分析センターは個人が必要とする身体の目的に応じたスキームの提案がおこなえます。 これらのスキームを基にスポーツ選手の肉体管理や重度なダイエット障害の改善施設など幅広い分野において、JNAC栄養分析システムが利用されています。

調理する女性

生活習慣病予防のための食事

サッカーの練習風景

アスリートの食事トレーニング

トレーニングジム風景

重度ダイエット障害改善施設